花綸肌潤が洗うほどお肌が潤うワケ

潤う洗顔系って、最近は特に数多く出てきましたよね、

 

でも、実際に使ってみると、全くつっぱり感がない洗顔料って、なかなかありませんでした。

 

花綸肌潤を使う前は、この洗顔料も同じようなものかな…と思っていたのですが、全く違いました。なぜ、花綸肌潤は洗ってお肌が潤うのでしょうか?

洗えば洗うほど潤う!3つのこと

洗顔後に水分がお肌に留まるから乾かない!

花綸肌潤は、洗顔している間ずっと保湿剤カクテルがお肌に浸透しているんです。まさに、保湿剤で洗うという洗顔料なんです。
さらに、特殊なハイドロジェルの水分を抱え込んで保湿力を高める特性があるため、洗い上がりのお肌にも水分を逃さないので、洗う前よりも洗った後の方がお肌が潤っているのです。

 

枯れない肌の秘密はヒアルロン酸の約2倍の保水力!

特殊なハイドロジェルと保湿カクテルの働きで、花綸肌潤にはヒアルロン酸の2倍の保水力があります。

 

洗顔の本来の目的は汚れを落とすことですが、お肌に必要な潤い成分まで一緒に落としてしまうことが乾燥につながってしまいます。

 

この潤いまでを奪ってしまっていた過程が、花綸肌潤なら保湿するお手入れになるのです。

洗顔後のお肌をさらにしっとりさせるには、セラミドを与えるのが効果的。
セラミド配合化粧品でどこよりもセラミド配合率4%とが高配合のヒフミドでのお手入れで、お肌がより潤いで満たされます。

洗浄成分はごくわずかなのに汚れをしっかり落とす!

保湿成分で洗うときくと、汚れ落ちが弱いのでは…と思ってしまいますが、花綸肌潤は、ナチュラルメイクならこれ1本で落とせてしまう洗浄力を持っています。

 

特殊なハイドロジェルにコンニャクイモが原料のマンナンスフィアと植物性洗浄剤を組み合せた3段洗浄でしっとり潤うのに汚れはしっかり落とすお肌にとってバランスの洗顔料なのです。